仮性近視とは

一般的に近視と呼ばれているは、光の屈折力の異常(屈折性近視)か、眼球の奥行き(眼軸)が長いこと(軸性近視)が原因で、網膜の手前で焦点が合ってしまいピントが合わない症状のことを言います。
そのうち、仮性近視とは、厳密には近視ではなく、近くにあるモノを長時間見続けていることで、遠くにあるモノが、「一時的」にぼやけて見える症状を言います。

仮性近視は、単なる水晶体の厚さを調節している筋肉が緊張していることが原因であり、眼球に変形が起きている訳ではないので、早期に治療や回復トレーニングを施してやると、視力は回復する可能性は十分あると言えます。
ただし、仮性近視でも目の緊張を取り除かないで放置していると、近視が進行する場合もあるので注意が必要です。

仮性近視は、成長期の子供に多く見られますが、環境的要因が原因となっていることがほとんどなので、仮性近視を発見した場合、テレビやゲームなど近くばかり見ること控え、遠くを見るたり、マッサージなどで、眼の周りにある筋肉の緊張を和らげてあげたり、姿勢を正すなど生活態度を改善することが大切です。

仮性近視のうちに、何もケアをせずに放っておくと、真性近視に進行してしまいます。真性近視になると、視力の回復は難しくなります。
ですから、治療やトレーニングで視力回復が期待できる仮性近視のうちに、適切な対策をとりましょう。






14日間視力回復プログラム!ジニアスeye

ぼやけていた文字がハッキリ見えた!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回復法です。





«コンタクトレンズによる眼障害

無料ブログはココログ